1. TOP
  2. 会社情報
  3. 社長挨拶

社長挨拶

ネクセリア東日本株式会社は、東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)グループの一員として、NEXCO東日本が管理する高速道路のサービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)における商業施設の管理・運営を行う会社です。

私たちは、高速道路を利用されるお客さまの「あんしん」と「かんどう」を喜びとし、地域との交流を通じて社会の発展に貢献することを目指して事業を進めております。

基本的なサービスを充実する「礎づくり」と、地域の特徴を活かした個性的な「華づくり」の両面から、SA・PAの魅力を向上していくため、新しいタイプの商業施設「Pasar(パサール)」や旅のドラマを演出する「ドラマチックエリア」を展開し、高速道路初出店の店舗や、その地域ならではのグルメや商品を積極的に取り入れ、従来のSA・PAのイメージを刷新する取り組みを行っております。また、非日常の世界を演出するテーマ型エリア、関越自動車道「寄居 星の王子さまPA」及び東北自動車道「羽生PA鬼平江戸処」は、これまでにない記憶に残るエリアとしてお客さまにご好評をいただいております。加えて、地域との連携を目的に、特産品を積極的に取り扱う「地域のショーウィンドウ化」に取り組むとともに、プライベートブランド「和みの天然水」・「和みの炭酸水」の販売や、市中の飲食店舗への事業展開も進めております。

このほか、きめ細やかな各種情報のご提供にも力を注ぎ、NEXCO東日本と一体となって「クルマの旅に、もうひとつのよろこびを。」を目指しております。
また、観光立国の実現に向けた政府の取り組みによる観光需要の高まりで、今後ますます増加が見込まれる訪日されるお客さまに、SA・PAを快適にご利用いただける環境づくりにも努めてまいります。

当社では、「商業施設の魅力向上及びお客さまへ『安全』『安心』『快適』『便利』の提供」や「地域社会への貢献及びインバウンド対応の推進」を目標に掲げ、着実に事業を遂行し、お客さまを始め、すべてのステークホルダーから求められる当社のあるべき姿を明確にし、さらなるお客さまサービスの向上に努め、NEXCO東日本が掲げる「長期ビジョン2025」の実現に取り組んでまいります。ネクセリア東日本株式会社は、皆さまのご期待に応え、常にお客さま第一の視点でSA・PAの商業施設の管理・運営事業を積極的に推進するとともに、コンプライアンスの徹底を図り、様々なリスクにも適切に対処しながら、グループ全体の企業価値向上を目指してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 村山 和夫

ページTOPへ